人気ブログランキングの実績

コピーライティングを学ぶ前に、まずはその本質を理解すべき

 

どうも鶴岡です。

 

今回は、かなり重要なお話をさせて頂きます。

 

僕のブログを何記事か読んだ方は、耳にタコができるくらい聞いたかもしれませんね。

 

それは、『ネットを利用してお金を稼ぐなら、コピライティングというスキルがかなり重要になる』ということです。

 

FXや株などの投資であればコピーライティングは全く必要ありませんが、それ以外のアフィリエイトやコンテンツ販売などの文章を媒体とするネットビジネスにおいて、コピーライティングはなくてはなりません。

 

そんなネットの最重要スキルでもあるコピーライティングについて、

 

・一体、コピーライティングとは何なのか?

 

・コピーライティングの本質とは?

 

・コピーライティングの可能性

 

これらを順に解説していきますので、ぜひご覧ください。

 

※この記事を読む事であなたはコピーライティングの重要性や可能性に気が付くことができ、ネットを利用したお金稼ぎでの失敗する確率を限りなく低くすることができるでしょう。

 

そもそも、『コピーライティング』ってなに???

 

 

僕は多くの方にコピーライティングのスキルを教えていますが、初めての方には、よくこんな質問をされます。

 

「コピーライティングって何ですか?」

 

そして、僕は毎回同じ回答をします。

 

『コピーライティングとは、文章で人を行動させるテクニックです!』

 

さらにコピーライティングは、文章だけに留まらず、人の前で話せば営業になりますし、大勢の前で話せばセミナーにもなります。

 

つまり、コピーライティングとはビジネスにおける普遍的な、且つ、本質的なスキルなのです。

 

なので、コピーライティングを学ぶということはビジネスの本質を学ぶことにもなるのです。

 

逆に、ビジネスにおけるどんな優れたマーケティング戦略を利用しようが、画期的なツールを持っていようがビジネスでは成功しません。

 

なぜなら、ビジネスの「根」になるスキルはコピーライティングだからです。

 

例えば、自動でメールを送ってくれるツールやSNS上で自動でフォローをしてくれるツールがあります。

 

 

 

この自動メールで言えば、自分で作った文章(メール)をツールに登録して、特定の人物に何時何分に何通目のメールを自動で送信してくれるというものです。

 

つまり、メールの内容自体は自分で考える必要があります。

 

そして、ターゲットの反応を得るメールを作るには、コピーライティングのスキルが必要なのです。

 

SNSの自動集客ツールも、無作為に自動でフォローをしてくれますがそれ以降は何もしてくれません。

 

結局、ダイレクトメッセージでメッセを送り、自分のブログという媒体へ誘導をしていく必要があります。

 

そして、その誘導をする際のメッセの内容もコピーライティングのスキルを使わなければ、当然、誘導なんてできません。

 

このように、自動ツールなどを使ったマーケティングもコピーライティングがあって初めて活きてきます。

 

自動でメールを送るツールも、自動で集客するツールも、コピーライティングありきということ。

 

それだけ、コピーライティングとビジネスは切り離せない存在なのです。

 

そして、このコピーライティングというスキルを手にしてしまえば、ビジネスで成功するのも必然になります。

 

コピーライティングは2種類存在する

 

 

昔はコピーライティングという言葉を聞くと、「キャッチコピー」のイメージが強かったですが、近年になって、コピーライティングも変化しました。

 

それは、「セールスコピーライティング」が登場したことです。

 

セールスコピーライティングとは、主にセールスレターなどに使われています。

 

セールスレターはこんなやつです↓

(引用:和佐大輔と木坂建宣のネットビジネス大百科)

 

ひと昔前まではコピーライターの仕事と言えば、チラシやDMを作るくらいだったので、多くの人にとってコピーライティングのスキルは「無縁な存在」だったのです。

 

しかし、インターネットが普及し、誰でも簡単にFacebookやブログなどで、文章を書けるようになった現代では、セールスコピーライティングの登場にもより、かなり注目されるようになりました。

 

もちろん、コピーライティングのスキルはネットビジネスにも利用できます。

 

現に僕のように、コピーライティングのスキルを利用すれば、学生でありながらサラリーマンの収入を軽く追い抜かすことも可能です。

 

すでにあなたにとってコピーライティングは無視できない存在になっているのではないでしょうか?

 

コピーライティングが難しいスキルではない理由

 

 

「コピーライティングってなんだか難しそう・・・」

 

「コピーライティングって言われてもあまりイメージできない・・・」

 

という方もいると思うので、日本でも有名なコピーライターが作ったコピー(文章)を紹介したいと思います。

 

片岡敏郎:「天下無双 森永ミルクキャラメル」
(森永ミルクキャラメル)

 

秋山晶:「人は、人を思う。」
(キリンラガービール)

 

長沢岳夫:「肉体疲労にAじゃないか。」
(タケダ・アリナミンA)

 

岩崎俊一:「英語を話せると、10億人と話せる。」
(ジオス)

(引用:コピーライティング至上主義者の会)

 

どうでしょうか?この中でも聞いたことのあるコピーは1つぐらいあるかと思います。

 

コピーライティングって聞くと、「かなり難しそう」と感じてしまうかもしれませんが、さっきの有名な人が書いたコピーを見てどう思いましたか?

 

「これくらいなら自分にも書けそう!!」

 

って思いませんか?

 

 

実際、そう思うのはあなただけではないと思います。

 

コピーライティングの基本は「難しそうな言葉を並べたコピー」ではありません。

 

なぜなら、スッと耳に入り、心に残り、それがあたかも自分が発した言葉かのような感覚にさえなってしまう。

 

これが本物のコピーライティングだからです。

 

つまり、コピーライティングを利用した、心に響くコピー(文章)というのは初心者でも作れることが可能ということ。

 

そして、さっき例に挙げたコピーの中でコピーライターの名前はたぶん知らないと思いますが、コピー自体は聞いたことがあると思います。

 

つまり、ここで言えることはコピーライティングは『誰(本人)が書いたかは重要ではない』ということ。

 

重要なのは、お客さんにいかに響く文章を書くことができるか?

 

ということなのです。

 

当然、心に響かなければ、お客さんは行動しません。

 

二つのコピーライティングを使い分けよう

 

 

先ほども解説しましたが、コピーライティングには2種類あり、それが、キャッチコピーセールスコピーの二つです。

 

実は、この二つは用途が全く違います。

 

この二つのコピーライティングを同じように使っているようでは、当然、コピーライティングで収入を得ることはできません。

 

まずは、二つの用途の違いから、しっかりと理解していきましょう。

 

以下に二つのコピーライティングの特徴をまとめてみました。

 

キャッチコピー

 

 

キャッチコピーは新聞や雑誌、テレビCM、バナー広告に使われているコピーのことで、「商品のイメージを伝える」ことを目的として作られます。

 

なぜ、イメージ重視なのかというと、例えば、テレビCMではそもそも視聴者は「CMを見よう!」という意識がまずないからです。

 

「たまたまテレビを見ていたらCMを目にする」

 

という感覚でCMを見ています。

 

つまり、どんなCMが流れようが、CMを目にする視聴者からしたらCM自体は「どうでもいい存在」なのです。

 

なので、キャッチコピーは「どうでもいい」と思っている視聴者に対して、1文で商品のイメージを持たせる必要があります。

 

そもそもCM自体、15秒という短すぎる時間では商品の具体的な情報やメリットを伝えることはできません。

 

だからあえてインパクトがある1文や言葉で視聴者に商品を印象付けているのです。

 

つまり、キャッチコピーとはその商品に対しての何らかのイメージを与えることであって、商品を売ることが目的ではありません。

 

セールスコピー

 

 

セールスコピーの用途はもちろん、先ほど説明した「キャッチコピー」とは異なります。

 

まず、使われている媒体はセールスレターやDM(ダイレクトメール)、LP(ランディングページ)などの長文を必要としている媒体で利用されています。

 

セールスコピーは商品に対してのイメージを与えるだけでは終わらず、具体的な商品の良さや特徴を文章で伝えます。

 

そして、(読み手の)共感や信用を経て、最終的には購入してもらうことが目的です。

 

文字数も1文といった短いものではなく、数千文字~1万文字以上の文章となります。

 

このように、「コピー(文章)」の対象によって、大きく目的や文量(文字数)が違ってくるのです。

 

キャッチコピーとセールスコピーの使い分けることで、文章からお金が生まれる

 

 

キャッチコピーとセールスコピー、この2つのコピーになぜ違いが出てくるのでしょうか…?そしてなぜ、使い分ける必要があるのか…?

 

それは、そのコピー(文章)を見る「ターゲット」をイメージすれば、自ずと答えは出るでしょう。

 

何度も言いますが、テレビCMや雑誌広告を見るターゲットというのは、意識的にその広告を見ている人はほとんどいません。

 

あなたもテレビを見る時や雑誌を読むときも「広告を見よう」と思って、見るわけではないですよね?

 

「たまたまテレビを見ていたら、CMが流れた。」

 

というのが大半でしょう。

 

逆に「DM(ダイレクトメール)」を見るターゲットというのは、意識的に「見よう」としている場合がほとんどです。

 

そもそも、何かしらの商品や情報に興味があって、自分のメルアドを登録しないとDMが送られてくる事はありません。

 

なので、DMが送られてくるということは、その商品(又は情報)に興味があって、メルアドを登録したということになります。

 

つまり、DMを見るターゲットというのは、意識的に見ている場合がほとんどというわけです。

 

このようにターゲットの意識の違いから、「イメージ重視の広告」か「売るための広告」かに大別することが必要になってきます。

 

コピーライティングでお金を稼ぎたいなら、キャッチコピーとセールスコピーの2つを学ぶ必要がある

 

・キャッチコピー⇒イメージ重視のコピー

・セールスコピー⇒売るためのコピー

 

という風に説明をしました。

 

このブログを見ているあなたはもちろん、「売るためのコピー」であるセールスコピーライティングを学びたいと思っているかと思います。

 

確かに、セールスコピーライティングを使えばお金を生むことは可能です。

 

「なら、学ぶのはセールスコピーライティングだけでいいじゃん」

 

と思うかもしれませんが、それは間違いです。

 

確かに、他のブログを見てもセールスコピーライティングを中心にスキルや情報を教えていることが多いです。

 

しかし、僕のブログでは「キャッチコピー」も教えています。

 

なぜなら、ブログのタイトルやDMの件名など、ネットビジネスでは短い文章(キャッチコピー)にも力を入れないと、そもそもアクションが起きないからです。

 

例えば、セールスコピーだけを学んで、売れる文章の記事を書いたとしましょう。

 

確かにセールスコピーを学べば、売れる文章を書くことは簡単です。

 

しかし、セールスコピーだけでは売れる文章を書いたとしても、その文章が読まれることはありません。

 

以下の記事の題名をご覧ください↓

 

 

どちらも同じ記事ですが、明らかにBの方がクリックしたくなるような記事タイトルですよね?

 

実はBの記事タイトルは、キャッチコピーの要素が含まれています。

 

つまり、セールスコピーだけを磨いて、”売れる文章”を書いたとしても、その文章を開く前の記事タイトルや件名など、思わず中身を読みたくなるような文章(キャッチコピー)がなければ意味がないということ。

 

どれだけ内容が良くても、タイトルがショボいとページを開かれることは決してありません。

 

だからこそ、キャッチコピーも学ぶ必要があるのです。

 

読者はあらゆるワードをネットで検索します。

 

何でもいいんですけど、例えば、「ネットビジネス」とGoogleで調べてみてください。

 

すると腐るほどのサイトが出てくると思います。

 

そして、読者は律義に1ページ1ぺージ、サイトを見ていくかというと、そうではありません。

 

読者は必ず、「サイトのタイトル」を見た上で読むサイトを選んでいます。

 

つまり、タイトルのような短い文で読者はサイトの印象をなんとなくイメージしているのです。

 

なので、たくさんの読者をひきつけるためには一番真っ先に見られるタイトルを魅力的な印象のあるものにしなければなりません。

 

そして、そこで利用できるのが「商品」にイメージを持たせることが出来るキャッチコピーという事になります。

 

だから、僕のブログではキャッチコピーについての情報やノウハウも公開しているのです。

 

つまり、僕のブログを網羅すれば、読者が思わずページを開きたくなるようなそんなタイトルをあなたは作れるようになります。

 

コピーライティングの本質を理解することが、スキル習得への一番の近道

 

コピーライティングの本質は「人間理解」にあります。

 

 

確かに、文章を書くための注意点だったり、ヘッドラインやクロージングコピーなどノウハウ部分も重要だと思います。

 

しかし、何よりもまず、その本質を理解していなければなりません。

 

「コピーライティング」というと、文章の書き方ばかり意識してしまいがちですが、実は書き始める前の“あること”が最も重要になってきます。

 

その”あること”とは先ほども言った通り、コピーライティングの本質は人間理解にあります。

 

つまり、「読者の気持ちを理解」すること。

 

コピーライティングは文章で行動させるスキルで、文章で人を行動させるためには、読者が行動したくなるような文章を書く必要があります。

 

さらに、追及すると読者の気持ちを理解しなければ、読者が行動したくなるような文章なんて書くことなんて絶対にできません。

 

例えば、あなたが物件を紹介する不動産の店員だとしましょう。

 

1人暮らしがしたいが、なるべく家賃を抑えたい学生に対して物件を紹介するとしたら、あなたはどんな物件を紹介しますか?

 

ふつうなら、「なるべく安い物件」を紹介しますよね?

 

間違えても、「高級タワーマンション」なんか紹介しません。

 

このように、お客さんには必ず”ニーズ”が存在し、コピーライティングでも読者のニーズを理解する必要があります。

 

コピーライティングを使って文を書く前に、読者の気持ちを理解していなければ、読者を文章で行動させるどころか、最後まで読んですらもらえません。

 

ターゲットのニーズや心理を理解することを「リサーチ」といいます。

 

詳しいリサーチのやり方については、「コピーを書くためのリサーチの重要性」の記事に書いてあるので、ぜひご覧ください。

 

コピーライティングの可能性は間違いなく無限大

 

 

以前までは、コピーライティングのスキルが使われていた媒体は

 

・テレビCM

・広告

・商品のラベルやパッケージ

 

でした。

 

つまり、この頃のコピーライティングは「商品にイメージを持たせるキャッチコピー」だったのです。

 

しかし、時代は変わりました。

 

現代は「情報社会」と言われています。

 

 

インターネットが普及し、コピーライティングも変化しました。

 

以前までのテレビCMや雑誌広告は、ほぼ大半が「広告を見よう」という意識のない顧客に対しての広告でしたが、インターネット広告は「見る」という意識で見られるものです。

 

なので、「イメージ重視の広告」は「売るための広告」へと変化していきました。

 

何かの商品を紹介する広告サイト1つで、商品への興味を与えるところから、それを売り込んで購入してもらうところまで。

 

つまり、全てのプロセスをコピーライティングで一貫できるようになったのです。

 

それまでに重視されていたコピーライティングは商品のイメージというあくまでも「感覚的」でした。

 

しかし、ネット広告には「論理的」な観点でコピーを書くことが出来るのです。

 

今までのコピーライティングはキャッチフレーズのようなもの。

 

商品に対して、イメージを与えるだけでしたが、インターネットとコピーライティングをかけ合わせることにより、

 

・論理的な文章で商品の良さを伝えられる

・お客さんに共感を与え、説得できる

・最後には購入という行動を起こしてもらえる

 

ようになったのです。

 

さらに、多額の費用を投じなければならなかったテレビや雑誌などの広告。

 

しかし、それもインターネットを使えば、誰もが簡単に商品のPRページやブログを作成することが出来る時代になりました。

 

インターネットには数多くのビジネスチャンスが生み出され、多くの事業者や個人がそこに参入していくようになり、個人による物販や情報販売、アフィリエイトなど、誰もが簡単に自分の商品や他社の商品にオリジナルの広告文を添えて、それをPRできるのです。

 

まさに、誰もが自分で考えだしたオリジナルのコピー。

 

誰もがコピーライティングのスキルで収入を生み出すことが出来る時代が到来しました。

 

コピーライティングの可能性があなたの自由を生む

 

 

これはあくまで僕個人の考え方ですが、コピーライティングは「自由」になるためのスキルだと思っています。

 

そもそも僕はネットビジネスの一種であるアフィリエイトで自由を手にしました。

 

最初から上手くいったわけではありませんし、もちろん、何度も失敗をしてきました。

 

しかし、このコピーライティングというスキルと出会い、コピーライティングをアフィリエイトというビジネスに利用してからは人生が大きく変わったのです。

 

そもそも僕がなぜ、自由を手に入れることが出来たのか?

 

それは紛れもなく、コピーライティングの普遍性のおかげです。

 

コピーライティングはビジネスの本質でもあり、また、普遍的なスキルでもあります。

 

普遍的とは、”すべてのものに共通しているさま”という意味です。

 

そう、コピーライティングはネットビジネス全てに利用できます。

 

そして僕が自由を手に出来たのは、コピーライティングとネットビジネスを掛け合わせた点です。

 

コピーライティングだけとかネットビジネスだけを学んでも自由は手にできません。

 

そもそもネットビジネスで成功している人の割合は5%です。

 

つまり、95%の人が稼げていません。

 

そして昔の僕も、その95%の人間でした。

 

プロフィールにも書いてありますが、当時の僕は、夢も希望もない、学費を払うためだけに週6でバイトをするというつまらない日々を送っていたのです。

 

しかし、そんな何もスキルも無い僕が自由を手にできたのはコピーライティングを学び、それをネットビジネスに利用したからです。

 

今でこそ、起業家として様々な事業をしていますが、学生時代で起業に成功した僕は、

 

・バイトもせずにサラリーマンの収入を余裕で越せる

・大学が休みな日に好きな温泉街に何度も旅行へ行ける

・好きな服を買ったり、趣味に思う存分時間を費やせる

 

全て、コピーライティングという本質的なスキルを学んだおかげです。

 

そもそも、「自由」とはなんでしょうか。

 

僕は、「自分の理想とするライフスタイル」を送るという点だと思います。

 

そして、理想のライフスタイルを送るには二つの要素が必要で、その2つの要素とは「時間」「お金」です。

 

今の時代、何をするにもお金が必要。

 

しかし、お金だけあれば何でもできるのかというとそれも間違いです。

 

必ず「何か」をするには「時間」が必要になってきます。

 

これを両方手にできる人はなかなかいません。

 

というか、一般的な考え方は「お金を稼ぐには時間を浪費する」という考え方です。

 

バイトを例にしますが、働いた時間 ×時給=収入

 

つまり、普通に働いていたら、いつまで経っても自由は手にできないし、理想の生活なんて送れません。

 

しかし、時間を浪費せずに収入を得る方法はあります。

 

それは「稼ぐための仕組み」を持つことです。

 

駐車場の管理人を例にしてみましょう。

 

駐車場の管理人は働いていますか?というと微妙なラインです。

 

しかし、直接は働いていません。

 

管理人はあくまで駐車場を所有しているだけです。

 

しかし、駐車場を利用するお客さんがいるので、利用料という収入が管理人には自動で入ってきます。

 

管理人は働いていないのにも関わらず、駐車場という稼ぐ仕組みを持っているので、勝手に収入が入ってくるのです。

 

ひと昔前までは、こういった稼ぐための仕組みを持つことはかなり難しかったのです。

 

自分でお店を持ったり、不動産を持ったりと、仕組みを持つためには「資産」が必要でした。

 

つまり、昔は稼ぐ為の仕組み自体がお金持ちがさらにお金持ちになるためものなのです。

 

しかし、現代はインターネットが普及しました。

 

誰でもネット上で「仕組み」をつくり、所有することが出来る時代。

 

僕も「ブログ」という稼ぐ仕組みを所有しているので、時間を浪費しなくても収入が入ってきます。

 

当時、大学生だった頃は大学に行っている間でも、旅行に行っている間でも僕の代わりに収入を生み出しているのは紛れもなくブログです。

 

そもそも、ネットビジネスの最大の魅力は「自動化」ではないでしょうか

 

そして、ネットビジネスを自動化にさせる為にはコピーライティングは必要不可欠なのです。

 

つまり、コピーライティングは自由を手にするためのスキルと言っても過言ではありません。

 

【まとめ】それでもあなたはコピーライティングを無視できますか?

 

これだけ可能性があり、ビジネスの本質的なコピーライティングのスキルをあなたは見逃すことができますか。

 

あなたはまだ、その場しのぎのスキルに目をやり、コピーライティングというスキルを無視し続けるのでしょうか。

 

「コピーライティングを制する者はネットを制す」

 

これが僕の師匠の言葉です。

 

結局、ネットビジネスで成功するにはコピーライティングを学ぶしかありません。

 

他にもビジネスで必要な要素は、マーケティング戦略や集客能力とあります。

 

ですが、先ほども言った通り、マーケティング戦略や集客はコピーライティングありきです。

 

僕は10の割合で時間があるのなら9割をコピーライティングの時間に当てます。

 

それ以外のテクニックは残りの1で十分なのです。

 

では、どうやってそのスキルを学んでいけばいいのか。

 

その道しるべとして僕は今までに学んだスキルを公開していく為にこのブログ講座を始めました。

 

理想のライフスタイルを手に入れたいあなたのために。

 

もし、あなたが僕のブログでこのテクニックを身につけていけば誰もが思わず反応してしまうような強烈なコピーを思うがままにスラスラと書け上げていく事が可能になります。

 

インフォプレナーにせよ、アフィリエイターにせよ、このスキルを必要としないようなビジネスはこのインターネット上には1つとして存在しません。

 

だからこそ何よりも先に、本当のライティングスキルを学んでいくべきなのです。

 

ぜひ、このブログにおける各コンテンツをコピーライティングの教科書として活用し、あなたのビジネスに役立てていって頂ければと思います。

大学生だった僕がパソコン1台を使い、

たった「3ヶ月で月収52万8250円」を稼ぎ、

理想のライフスタイルを手に入れた鶴岡の無料メール講座

 

無料メール講座に参加することで、
下記のプレゼントを無料で受け取ることができます!!

 

【PDF(総ページ数504ページ)】


◉Present1:読むだけでプロの情報起業家が持っている頭脳が手に入る。インターネットで月収100万円を達成するための知識を全て公開!


◉Present2:テンプレート付き!初心者でもプロの文章が書けるようになる情報発信の極意とは!?


◉Present3:【悪用厳禁!】学生だった僕がたった3ヶ月で月収52万8250円を稼ぐために学んだ文章術


◉期間限定Present:”ド”が付くほどパソコン素人がたったの14日で100記事書いた方法

今すぐ無料登録でプレゼントを受け取ってください!

※万が一、5分経っても返信がこない場合は、迷惑メールを確認してください。

 

上記のプレゼントに加えて、 僕のメール講座では、

 

僕がたった90日で52万8250円を稼ぐことができた理由。

●多くの情報発信者がひた隠す、幾多のネットビジネスの真実の暴露。

●脱サラ or 学生で起業するために必要なネットビジネスの思考のすべて。

今すぐ就職以外で稼ぎがないと、この先生き残れない理由。

●会社や国に依存せず、自分の力だけで稼いでいく起業家マインド。

パソコン1台で起業しようとする挑戦者の多くが失敗する原因。

 

・・・などなど。

 

超有料級のノウハウや思考を全て無料で僕のメール講座にて公開していきます。

 

時にはブログでは書けないような、過激な内容はすべて無料メール講座で暴露するのでw

 

また、上記のプレゼントは人数限定で配布させていただきますので、規定の人数に達し次第、突然配布を終了します。

 

なので、プレゼントを受け取ることができる今、メール講座に登録をしてプレゼントを受け取ってください。

 

※プレゼントの配布が終了した場合、お金を頂いても譲ることはできません。

※万が一、5分経っても返信がこない場合は、迷惑メールを確認してください。

 

それでも、メールが来ていなければ、メールアドレスが間違っている可能性がありますので、再度、入力をして登録し直してください。

 

1 個のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください