初心者コピーライターから一流セールスライターに最短最速でなる方法!

 

どうも鶴岡です。

 

「セールスコピーライターになりたい!」

「コピーライティングを活かして情報起業したい!」

 

そう思っている方はどうすればセールスコピーのスキルが上達するのか?また、どんな勉強をすればいいのか?など疑問を感じます。

 

できるなら労力をかけずに最短最速で学びたいと思うのが人間の性です。

 

ここでは、セールスコピーライティングのスキルを最短最速で身に付ける方法についてお伝えします。

 

実際に僕がゼロからスキルを上達することができた実用的かつ効果的な方法になります。

 

学ぶ前に知っておくべき2つの事

 

「重要」の画像検索結果

 

セールスコピーライティングのスキルを上達させる為に、具体的な方法をお伝えする前に頭に入れて欲しいことが2つだけあるので先にお伝えします。

 

学ぶ順番が大切

 

 

上達を加速させるためには適切な学ぶ順番というのがあります。

 

この順番を間違えてしまえば上達スピードが遅くなってしまうのです。

 

そうならない為にもしっかり確認してください。

 

よくセールスコピーライティング上達の勉強法で言われる「写経」

 

写経とはセールスレターや記事をそのまま写すという方法です。

 

「この記事上手いし、わかりやすい!」

 

と思った記事を一度、そのまま書き写すことです。

 

この場合、手書きで写す方法もありますし、僕はタイピング練習も兼ねたかったので、そのままブログの記事編集画面に書き写しました。

 

写経は上達するには欠かせない方法なのですが、どのタイミングで行うか?”により上達スピードが変わってきます。

 

セールスコピーライティングの原理原則や知識を知らない状態で写経を行っても学べることが限られてしまうのです。

 

「なぜ、このように書かれているのか?」

「なぜ、このような流れなのか?」

 

などが理解できません。

 

サッカーを観戦する前にはルールを知っておいた方がより楽しく観戦できると思います。

 

つまり、予備知識のようなセールスコピーライティングの原理原則を理解した後に写経を行った方がより深く理解でき、スキル上達スピードもアップするということ。

 

ここでは学ぶべき順番で説明していますが、順番を間違うと時間がとてももったいないです。

 

時間は平等ですが限られています。

 

最短最速でセールスコピーのスキルを身に付ける為にも「学ぶ順番」だけは間違えないでください。

 

アウトプットするまでがインプット

 

 

 

知識を得ること(インプット)はとても大切です。

 

本を読んだり講座(セミナー)で学んだりすればインプットすることができます。

 

ですが、多くの方はインプットしただけでアウトプット(行動)に起こすことができません。

 

本を読むだけで満足してしまい、書いてあった内容を実際に行動に移さないのです。

 

このようなことは耳にタコができるほど言われているかもしれませんが、やはり行動に起すことでセールスコピーライティングのスキルは身に付いていきます。

 

僕は、インプットは2種類存在していると思っているのです。

 

まず1つ目は知識を得るだけのインプット。

 

本を読んだりセミナーで学ぶことがこれに当てはまります。

 

そして、もう一つ。

 

得た知識から実際に行動をし、自分自身で経験し学ぶことができるインプット。

 

正しいインプットは後者です。

 

そもそもなぜ、インプットをしているのか?という答えは成果を得るためです。

 

実践で使えなければインプットではありません。

 

インプットしたものをアウトプットするまでがインプットだと思うようにしてみてください。

 

そうしなければ1週間もしない内に忘れてしまいます。

 

POINT

実際に経験・行動して学ぶことで本当の意味でインプットしていると言えるのです。

 

専門知識をインプットする

 

Fotolia_106944832_Subscription_Monthly_M

 

セールスコピーライティングの専門知識をインプットすることが重要なのはここで説明しなくても理解できると思います。

 

ですが、実際にどんな媒体やどんな人からインプットをすれば良いのか?

 

ということが分からないという人も多くいます。

 

まずは、専門書からインプット

 

「本」の画像検索結果

 

セールスコピーのスキル上達をするために専門書を読むことは必須なのですが、

 

・そもそもなぜ専門書を読む必要があるのか?

 

・専門書を読むことによりなぜ、スキルが上達するのか?

 

ということですが、僕が実際に感じたこと。

 

それは、一流と呼ばれるセールスコピーライター(先人)の知恵をたった数千円で知識を得ることができるということです。

 

つまり、費用対効果が高い、失敗するリスクが低くなるということ。

 

脳科学で有名な茂木健一郎先生は、

 本は、ただ情報を得る、
知識を増やすという意味においても有効ですが、
一冊の本の中には、一人の人間と何回も食事をともにして、
仲良くなって初めてわかるような深い思考が披露されています。

 

読書をたくさんするということは、
気軽なあいさつだけの人間関係とは違う、
濃い人間関係をたくさんの人と持てるということでもあるのです。

 

すごくないですか?

 

本を読むということは、太宰治や
ドストエフスキーと何度も夕食をともにするようなものなのです!

【引用】 頭は「本の読み方」で磨かれる

 

という風に伝えています。

 

一流のセールスコピーライターの話を聞きたいと思いますよね?

 

一緒に食事にいってみたいと思うはずです。

 

要は捉え方1つなのです。

 

セールスコピーライター おすすめの本

 

 

読んでおいた方が良いと個人的に思う本をご紹介します。

 

全米NO. 1のセールスライターが教える10倍売る人の文章術

51HZTX02SVL._SX341_BO1,204,203,200_

 

[著者]ジョセフ・シュガーマン[監訳]金森重樹

 

全米屈指の宣伝、広告文の書き手であり、通販事業で伝説を作り上げたパイオニア。

 

1971年、みずからの会社JS&Aで、グラフィック以上にコピーを重視した全面広告を用いた販売手法で大成功をおさめる。

 

セールスコピーライティングの要素が凝縮された僕のバイブル本です。

禁断のセールスコピーライティング

ba0403ad5eebbcfc860d3a49d3306e51

[著者]神田昌典

 

経営コンサルタント

 

日本最大級の読書会「リード・フォー・アクション」創設者。世界に広がる行動シナリオ作成法・フューチャーマッピング®開発者。株式会社アルマクリエイションズ 代表取締役

 

上智大学外国語学部卒。

 

ニューヨーク大学経済学修士、ペンシルバニア大学ウォートンスクール経営学修士。

 

外務省経済局、イノベーション企業として知られるアメリカワールプール社の日本代表を歴任後、98年コンサルティング会社を設立。

 

『GQ JAPAN』(2007年11月号)では、「日本のトップマーケター」に選出。

 

2012年、アマゾン年間ビジネス書売上ランキング第1位。

 

日本一のセールスコピーライターと言われる神田昌典先生が実際に書いた珠玉のレターが公開されているのでかなり勉強になります。

ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則

ダウンロード
ジョン・ケープルズ:著 神田昌典:監訳 齋藤慎子/依田卓巳:訳

 

アメリカの広告業界で58年間も活躍し続けた伝説的コピーライター。

 

長いコピーライター人生で、テストを繰り返し、効果を検証する「科学的広告」の促進を常に目指しし続けた。

 

1973年米コピーライター殿堂入り。

 

1977年米広告業界殿堂入り。

 

セールスコピーの歴史で上手くいった広告、セールスレターを詰め込んだ一冊。

 

セールスコピーライターは必ず持っておくべき一冊です。

 

これら3冊は初心者、経験者などは関係なく、持っていない方は手に入れてください。

 

そして一度だけでなく定期的に何度も読み返すことをおすすめします。

 

なぜなら、一度読んだだけですべてを理解することは難しいからです。

 

買って損はない書籍です。

 

メールマガジンから

 

 

専門書からインプットすると他に僕のメールマガジンからも同じようにインプットしてください。

 

僕のコンテンツ記事が気に入った方は登録してみてください。

 

セールスコピーのスキル上達に役立つ情報を手に入れることができます。

 

もうお分かりの方もいると思いますが・・・そう宣伝です(笑

 

宣伝なのですが、実際に僕はセールスコピーやマーケティングの専門書はほぼすべて読んでいます。

 

その他にも、情報商材や様々なコンサルティングも受けてきました。

 

僕は多くの本やメルマガ、譲歩商材を読み実際にセールスコピーライターとして使える知識、スキルなどを日々実践し見極めているのです。

 

僕の個人的な感じ方にはなってしまうのですが、その中で大切なこと、使えるものだけを厳選しお伝えしています。

 

役に立たない情報と感じたらいつでも解除できますので興味がある方は無料で手に入れてください。

 

定期的に届くメールマガジンではあなたにとって有益な情報に触れる機会を作ってくれるのです。

 

情報は触れる回数が多ければ多いほど脳に刻まれていきます。

 

鶴岡誠のメールマガジンのご登録はこちらから

↓ ↓ ↓

 

実際に写経してみる

 

Fotolia_122205790_Subscription_Monthly_M

 

学ぶ順番の大切さでお伝えしましたが、写経とはセールスレターやダイレクトメール、メールマガジンなどの文章をノートや記事に書き写すことを言います。

 

専門知識をインプットしたら次に行って欲しいことが「写経」です。

 

なぜ写経がいいのか?

 

「パソコン ライター」の画像検索結果

 

そもそもセールスコピーライティングのスキル上達の為になぜ、写経を勧めるのか?

 

という疑問を解消するためにも写経をすることで得られる効果を実体験で感じたことをお伝えします。

 

語彙力が上がる

 

 

語彙力とは、ある言語の単語・熟語・慣用句などの知識量と利用能力のことです。

 

初心者セールスコピーライターはこの語彙力を上げることが一つの強みになってきます。

 

語彙力があると文章表現が豊かになりますので、多くの人に響く文章を書くことが可能になるのです。

 

例えば、「好き」という一つの単語で語彙力がある人は「好き」以外にも・・・

 

「愛する」「心を惹かれる」「目がない」「好み」など様々な単語や言い回しを使うことができます。

 

セールスコピーライティングの世界では武器はたくさんもつに越したことはありません。

 

その中から適切なものを選択できるようにしておくのです。

 

特に、手書きで書き写す「写経」が1番てっとり早く語彙力を上げる方法なのです。

 

僕が写経をするときは、記事に一度書くのですが、

 

「この言い回しはうまいな!」

「このコピーがグッときた!」

 

と思えば、すかさずメモ帳に手書きしていました。

 

たくさんの言葉や言い回しを写経をすることで得ることができます。

 

文章の流れや持っていき方(書く順番)が分かる

 

 

セールスレターなどは書く順番がある程度決まっています。

 

セールスコピーとはセールスマンが発する言葉を紙に書き起こしたものになりますので、伝える順番が最終的なコンバージョン(申込・購入・登録)などに大きく左右します。

 

・どのタイミングで何を伝えているのか?

 

ここで布石をうっていたのか?

 

最後に何を伝え行動喚起を促しているのか?

 

などが分かるようになってきます。

 

もちろん一度だけで理解することはできませんが、様々なレターを写経することでパターンなどが見えてくるのです。

 

基本的に人が行動してくれる伝え方(流れ)は大体決まっているのですが応用力も養うためにも写経をおすすめします。

 

自分に自信を持てるようになる

 

 

どんなことでもそうですが、根拠のない『自信』が必要な時が存在します。

 

根拠のない自信を少しでも実のある自信につなげるために僕は『写経』をおすすめしています。

 

特にセールスコピーライターとして実績がない方々。

 

写経をし、びっしりと文字を書き綴ったノートが一冊ずつ貯まっていくことや、ボールペンの替芯がつぎつぎにカラになっていくことで、無意識に自信をつけることができます。

 

「私は写経をしているからセールスコピーライターとして日々進化している!」

 

そう思えるのです。

 

写経したノートやインク切れのペンの数が増えていくので、今までやってきたことを振り返る事ができるのです。

 

このような感覚は本当に大きな自信につながります。

 

よくスポーツ選手のインタビューでもあるように、

 

「あんなに苦しい思いをして練習をしたからこそ、試合で持っている能力が発揮できたんです。」

 

このような感覚と同じなのですが、写経をしているから必ず良いコピーが書けると本気で思えるようになるのです。

 

スキルが身につく写経のやり方

 

 

写経を行う際に注意して欲しいことや効率的に学ぶことができるポイントがあります。

 

これらを行うと確実にセールスコピーのスキルを身につけることができますので、参考にしてください。

 

反応が取れているものを写経する

 

 

当たり前のことではあるのですが、多くの人が陥りやすい罠でもあります。

 

それは反応が取れていないものを写経してしまうこと。

 

「なんとなく書き方が上手だな」

「読んでいて面白いな」

「参考になるな」

 

と思うコピーであったとしても・・・

 

「しっかり反応がとれているものなのか?」

「このレターでいくら売上が上がったのか?」

 

など確認することを怠らないでください。

 

参考になった言葉や言い回しを都度メモっておく

 

 

僕は出来る限り「時間」を有効活用したいと思っています。

 

先々ののことを見据えやっておいた方が良いと思うこと。

 

それは、写経をする時に自分が気になった言葉や言い回しをメモ帳にまとめておくことです。

 

「この言い回しがうまいな!」

「この言葉使いたい!」

 

など反応が取れているレターを写経していると大きな学びを得ることができます。

 

ですが、すぐ忘れてしまうもの。

 

今後、自分がレターを書く時などに写経で得たものを最大限活用できるようにするためにも都度メモを取ることをおすすめします。

 

そのメモ帳があなたの血と汗と涙の結晶になるのです。

 

写経することが重要なのではない

 

 

写経をすること、つまりノートにセールスレターを書き写すことが目的となっていてはスキルが身につくことはありません。

 

セールスコピーを書くには「どれだけ頭を使ったか?」

 

耳と耳の間にある脳に汗をかいたぶんだけスキルアップしていきます。

 

これはどういうことかというと・・・

 

ただ漠然とペンを走らせ書き続けるということではなく、書きながら考えることが大切だということです。

 

セミナーで伝えている内容をすべてノートにメモをしていたとしてもなかなか成果を上げることができない人が多くいます。

 

逆に重要なポイントを自分なりに考えながら最低限必要なことだけメモをとり、すぐに成果をあげる人もいます。

 

ホワイトボードの内容を書き写す事に集中してしている人と、物事を考えながら要点を的確にメモしている人。

 

これが学ぶことに大きな差がでてしまっています。

 

もちろんメモをしているのが悪いといっている訳ではありません。

 

ここでいいたいのは写経をすることが重要なのではなく自分なりに考えることでスキルが身につくスピードに差がでるということ。

 

セールスコピーは頭で考え書いていくので、書くことだけではなく考えることが重要なのです。

 

・どのようなタイミングで例え話をしているか?

 

・全体の文章の流れ(もってイキカタ)は?

 

・布石になっているものは?

 

このようなことを考え、意識しながら写経することでセールスコピーライティングのスキルが上がるのです。

 

書いて書いて書きまくれ!ただし…

 

tmk checkliste IV

 

写経も大切ですが、やはり文章を書くことには勝りません。

 

書かなければ見せかけだけの丘サーファーと同じで知識だけがあり実際は書くことができない少しダサい野郎になります。

 

最短で売れるセールスコピーライターになるための10の方法

 

 

アメリカの超有名ブログcopyblogger.comで、「最短で売れるコピーライターになるための10の方法」という記事があるのですが、その記事に書いてある10の方法は以下の通りとなっております。

 

1.書け

2.もっと書け

3.もっともっと書け

4.さらに、もっと書け

5.書きたくない時も書け

6.書きたい時も書け

7.何か言いたい時は書け

8.何も言いたくなくても書け

9.毎日書け

10.書き続けろ

引用サイトはこちら:https://www.copyblogger.com/become-a-better-writer/

 

実践に勝る上達法など存在しません。

 

ただし・・・書くだけではダメ

 

 

書けば書くほど上手くなると思っている方がいますが、実際はそんなことはありません。

 

実は書けば書くほど陥りやすい罠も存在します。

 

それは、クセがついてしまうこと。

 

言い回しや接続詞などが単調になってしまう原因になってしまうのです。

 

もちろん、書き手の色を出すことは大切なことではありますが、一度ついたクセを治すことはなかなかできるものではありません。

 

案件により様々な言い回しを使いこなせるよう、なるべくクセをつけないようにした方がより良いセールスコピーライターになると思います。

 

書いて書いて書きまくれ!

 

ということは一理あるのですが・・・ただ書けば良いってことではないのです。

 

書いた後に誰かに見てもらうことが上達の近道なのです。

 

自分の書いたコピーを見てもらう

 

 

自分が書いた文章が上達していると自分自身で感じられたら急激にあなたの文章は力をつけています。

 

自分の成長を感じられる方法とは、自分が書いた文章をできるだけ多くの方に見せること

 

ようするに、”見せたがり”になるのです。

 

現代には無料で発信できるツールが数多く存在しています。

 

ブログ・Facebook・ツイッターなどで、書いた文章をできる限り多くの方にみてもらってください。

 

もちろん友達でもいいですし、知らない人でもいいです。

 

誰でもいいのです。

 

できるだけたくさんの方に見せてください。

 

ちょっとハードルが高くなるかもしれません。

 

「まだまだ人には見せられるほどコピーの実力はありません。」

「もう少し学んでからでもいいですか?」

 

と思うかもしれません。

 

その恐怖を乗り越えてください。

 

初心者でも中級者でも関係なく、多くの方に自分が書いたコピーを見てもらってください。

 

そうすると、あなたは何かしらのフィードバックを貰えます。

 

その中には「本当に面白いです!役にたちました!」などと賞賛の言葉かもしれません。

 

自分が書いたコピーを褒められて嬉しくない人はいないでしょう。

 

僕もコピーを学び始め、写経をある程度行った後にはコピーを書くという実践をし、色々な方に見てもらいました。

 

嬉しいお言葉も頂けましたし、逆にもうちょっとこうした方がいんじゃないというアドバイスも頂けました。

 

色々な方々にフィードバッグを頂いたおかげで成長を感じられ楽しみながらセールスコピーを学ぶことができたのです。

 

セールスコピーライティングの奥深さや楽しさを感じることができました。

 

あなたもセールスライターを本気で目指しているのであれば、たくさんの方に自分が書いた文章を見せてください。

 

書いたら書いただけ上手くなると思っているが実はそうではありません。

 

書いた後にこれをどれだけやれるかが最終的にものになるセールスコピーライターになれるかが決まるのです。

 

まとめ

 

友人や知り合い、先輩セールスコピーライターに書いたものを見てもらう環境を作る。

 

これがセールスコピーライティングが上達する1番の近道です。

 

コピーの上達に近道はなく、地道な努力である写経と実際に書くという実践なしでは反応が取れる文章を書けるようにはなりません。

 

日々コツコツとインンプット(学ぶ)、そしてアウトプット(書く)、そしてまたインプット(学ぶ)

 

というような事を習慣化する事がセールスコピーライティングの能力を上達させる唯一の道なのです。

 

ここでお伝えしたことをやり続ければ、他の追随を許さないくらいのレベルにまでセールスコピーのスキルが身についていると思います。(※殆どの人がやれないので)

大学生だった僕がパソコン1台を使い、

たった「3ヶ月で月収52万8250円」を稼ぎ、

理想のライフスタイルを手に入れた鶴岡の無料メール講座

 

無料メール講座に参加することで、
下記のプレゼントを無料で受け取ることができます!!

 

【PDF(総ページ数504ページ)】


◉Present1:読むだけでプロの情報起業家が持っている頭脳が手に入る。インターネットで月収100万円を達成するための知識を全て公開!


◉Present2:テンプレート付き!初心者でもプロの文章が書けるようになる情報発信の極意とは!?


◉Present3:【悪用厳禁!】学生だった僕がたった3ヶ月で月収52万8250円を稼ぐために学んだ文章術


◉期間限定Present:”ド”が付くほどパソコン素人がたったの14日で100記事書いた方法

今すぐ無料登録でプレゼントを受け取ってください!

※万が一、5分経っても返信がこない場合は、迷惑メールを確認してください。

 

上記のプレゼントに加えて、 僕のメール講座では、

 

僕がたった90日で52万8250円を稼ぐことができた理由。

●多くの情報発信者がひた隠す、幾多のネットビジネスの真実の暴露。

●脱サラ or 学生で起業するために必要なネットビジネスの思考のすべて。

今すぐ就職以外で稼ぎがないと、この先生き残れない理由。

●会社や国に依存せず、自分の力だけで稼いでいく起業家マインド。

パソコン1台で起業しようとする挑戦者の多くが失敗する原因。

 

・・・などなど。

 

超有料級のノウハウや思考を全て無料で僕のメール講座にて公開していきます。

 

時にはブログでは書けないような、過激な内容はすべて無料メール講座で暴露するのでw

 

また、上記のプレゼントは人数限定で配布させていただきますので、規定の人数に達し次第、突然配布を終了します。

 

なので、プレゼントを受け取ることができる今、メール講座に登録をしてプレゼントを受け取ってください。

 

※プレゼントの配布が終了した場合、お金を頂いても譲ることはできません。

※万が一、5分経っても返信がこない場合は、迷惑メールを確認してください。

 

それでも、メールが来ていなければ、メールアドレスが間違っている可能性がありますので、再度、入力をして登録し直してください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください