人気ブログランキングの実績

 読者が一目で『読みたい』と思う記事の書き方のコツとは?

 

どうも、鶴岡です。

 

突然ですが、

 

『記事が全然読まれない』

『アクセス数はあるのに、記事中のリンクが踏まれない』

 

という悩みは情報発信者の中でも多い悩みの1つでもあります。

 

「リンクが踏まれない」=「そこから何もアクションが起こらない」

 

つまり、その記事は何も意味がない記事となってしまい、SEO(Googleからの評価)の基準を下げてしまう恐れもあるのです。

 

こうした状態を放っておくと、後に取り返しのつかないことになるので、今回の記事で対策できることを学びましょう。

 

まだブログを書いたことがない人も、いずれ経験することなので、今回の記事を読んで、対策を立てれるようにしておいてください。

 

まず、「リンクが踏まれない」という原因で考えられるのは、

 

1、記事の内容とリンクの内容が全然違う

2、リンクに誘導ができていない

3、そもそも記事が読まれていない

 

という原因が考えられます。

 

1、記事の内容とリンクの内容が全然違う

 

「記事の内容とリンクの内容が違う」に関しては、単純に記事を書き直すか、リンクを変更することで対処しましょう。

 

2、リンクに誘導ができていない

 

次に、リンクに上手く誘導ができないというのは、「コピーライティング」のスキル不足です。

 

そう言う方はこのブログの「コピーライティング講座」を学び、「文章で読者を誘導する方法の本質」を学んでください。

 

※コピーライティング講座はこちらからご覧いただけます!

 

3、そもそも記事が読まれていない

 

ここからが本題ですが、「そもそも記事を読まれていない」については、けっこう深刻な状態です。

 

どういう事かというと、読者から見てあなたが書く記事というのは、「読みづらい」と判断されているということ。

 

こんな経験はないですか?

 

面白そうなタイトルの記事を見つけて、アクセスしたら「なんだこの記事、読みづらいな」と思い、一瞬でページから離れた経験です。

 

例えば、新聞なども同じような原因で若者の新聞離れという状況が生まれています。

 

 

読者に最後まで記事を読んでもらうためには、「記事の見た目」を意識する必要があるのです。

 

見た目というのはものすごく重要で、メラビアンの法則にもあるように人間は物事の印象を判断する時、判断材料の55%が視覚的要素であると言われています。

 

つまり、見た目が人に与える影響は絶大で、見た目が悪ければ一瞬で印象を悪くし、見た目が良ければ一瞬で印象を良くできるということ。

 

 

これをブログ記事に置き換えると、見た目がいい記事は読者を惹きつけ、見た目が悪き記事は読者を遠ざけます。

 

では、どのようにしたら記事の見た目が良くなるのでしょうか?

 

それは、「記事の読みやすさ」について考えることです。

 

正しい行間の間隔と行数とは?読みやすい記事の4つのポイント

 

 

「読みやすい記事」を考えたときに重要になってくるのは、「行間と行数」です。

 

行間と行数を意識するだけで、文章にリズムができ、読みやすい文章になります。

 

それでは、行間や行数とはどういうものなのか?何を意識すればいいのか?説明していきますね!

 

行間や行数を意識した文章とは?

 

まず、これは徹底事項ですが、行間は2文字分くらいあけること。

 

どういう事なのかというと、答えはこの記事を見てもわかります。

 

ちょうど、文字2文字~3文字分くらい空いてませんか?

 

実は、これが適切な行間なのです。

 

ちなみに行間を全く意識しないと、このような文章になります。

 

インターネットを使えば、双方向にコミュニケーションできる。この利点を生かして、メールマガジンで直接、消費者や取引先企業に広告し、ウェブサイトに誘導すれば、見込み客を集客でき、また商品やサービスを販売することもできる。また、従来のチラシや新聞、雑誌などの紙媒体、テレビなどのメディアよりも圧倒的な小予算で全国あるいは全世界を対象に宣伝できることから、中小企業がネットショッピングに参入したり、個人がインターネットで起業することが容易となった。

 

ものすごく読みづらいですよね。

 

僕ならこのような改行をしていない文章を一目見た瞬間、ページを閉じますね。

 

「文字多いし、読むのがめんどくさいな」

 

実は、行間や行数を意識することで、文章量を少なく見せることができるのです。

 

では、行間を意識して、文字2文字~3文字分あけてみます。

 

インターネットを使えば、双方向にコミュニケーションできる。

 

 

この利点を生かして、メールマガジンで直接、消費者や取引先企業に広告し、ウェブサイトに誘導すれば、見込み客を集客でき、また商品やサービスを販売することもできる。

 

 

また、従来のチラシや新聞、雑誌などの紙媒体、テレビなどのメディアよりも圧倒的な小予算で全国あるいは全世界を対象に宣伝できることから、中小企業がネットショッピングに参入したり、個人がインターネットで起業することが容易となった。

(※↑スマホだと上手く表示されません。)

 

行間を意識するだけでもかなり、読みやすくなりました。

 

そして、さらに読みやすい文章にするために、次は「行数」を意識します。

 

インターネットを使えば、双方向にコミュニケーションできる。

 

 

この利点を生かして、
メールマガジンで直接、消費者や取引先企業に広告し、
ウェブサイトに誘導すれば、見込み客を集客でき、
また商品やサービスを販売することもできる。

 

 

また、従来のチラシや新聞、雑誌などの紙媒体、
テレビなどのメディアよりも圧倒的な小予算で
全国あるいは全世界を対象に宣伝が可能です。

 

 

だから、中小企業がネットショッピングに参入したり、
個人がインターネットで起業することが容易となった。

(※↑スマホだと上手く表示されません。)

 

さっきよりも適切な箇所で改行されていますし、文章としてはさらに読みやすくなりました。

 

行数とは、文章をどこで改行すかによって変えることが可能です。

 

改行する時に気を付けたいことは、

 

・行数は1行~4行まで

・適切な箇所で改行すること

 

改行をするタイミングは、「、」「接続詞」で改行をすると適切な箇所で改行できているということになります。

 

例えば、

 

「私は20歳でインターネットビジネスに挑戦し、1年継続した結果、今では月収100万円を稼ぎ出すことに成功しています。」

 

という文章を適切でない箇所で改行するとこんな感じの文章になる。↓

 

「私は20歳でインターネットビジネスに
挑戦し、1年継続した結果、今では月収
100万円を稼ぎ出すことに成功しています。」

(※↑スマホだと上手く表示されません。)

 

明らかに改行をするタイミングがおかしいですよね。

 

これでは、かなり読みづらい文章になってしまいます。

 

僕がさっきの文章を改行するなら、

 

「私は20歳でインターネットビジネスに挑戦し、1年継続した結果、
今では月収100万円を稼ぎ出すことに成功しています。」

(※↑スマホだと上手く表示されません。)

 

こんな感じです。

 

行数も2行で収まっていますし、改行も適切な箇所(、)で改行できています。

 

ちなみに、行数に関してですが、2行、2行、2行のように同じ行数があまりにも連続すると、文章として単調になってしまうのです。

 

文章にメリハリをつけるために、1行、3行、2行、1行など行数にもメリハリをつけましょう。

 

こうすることで、単調にならない、メリハリのある文章になります。

 

【行間と行数】まとめ

 

・行間は文字2文字分あける

 

・行数は1行~4行に納める

 

・メリハリをつけるために、同じ行数を連続させないこと

 

・改行をするタイミングは「、」や「接続詞」で改行をするのがベター

 

【補足】スマホからのアクセスが多い場合は、改行は意識しなくてもいい

 

ここで補足をします。

 

先ほど僕は、「文章は1行が長くならないように(、)や接続詞で改行をする」と言いましたが、そのように改行をしてしまうとどうしてもスマホで見たときに文章の形が崩れてしまいます。

 

例えば、下記はパソコンで見たとき、

 

 

しっかり改行されているのでかなり読みやすいですが、これをスマホで見ると…↓

 

 

パソコンではしっかり改行できていて見やすかった文章がスマホ表示になったとたん文章の形が崩れて逆に読みづらくなってしまいました。

 

デスクトップ(パソコン)表示とスマホ表示では画面サイズが違うので、自動的にこのように改行されてしまい文章が崩れてしまうのです。

 

できれば、スマホ表示とデスクトップ表示で文章が崩れないように改行を考えればいいですが、そんな都合よく改行ができるとは限りません。

 

なので、自分のブログはどのデバイスからのアクセスが多いのか?によって改行を工夫しましょう。

 

パソコンからのアクセスが圧倒的に多い⇒パソコン表示したときに見やすいように改行をする。

 

スマホとパソコンの両方からアクセスがある⇒改行は考えずに行間だけ意識する。

 

スマホからのアクセスが圧倒的に多い⇒スマホ表示に合わせて改行する。

 

スマホとパソコンの両方からアクセスが多い場合は、改行は考えなくても大丈夫です。

 

というのも、スマホ画面やパソコン画面に合わせて文章を改行すると、文章が崩れてしまうから。

 

このブログも7:3くらいの割合でスマホとパソコンからのアクセスがあるので、どちらのデバイスにも対応できるよう改行を考えていません。

 

結果的に“改行を考えずに行間だけ意識する”という手法がどちらのデバイスでも文章の形を崩さずに表示できます。

 

もし、スマホとパソコンの両方からのアクセスがある場合は、上記の手法で文章を書くことをおススメします!

 

 

 

大学生だった僕がパソコン1台を使い、

たった「3ヶ月で月収52万8250円」を稼ぎ、

理想のライフスタイルを手に入れた鶴岡の無料メール講座

 

 

無料メール講座に参加することで、
下記のプレゼントを無料で受け取ることができます!!

 

 

【PDF(総ページ数504ページ)】

 

Present1:読むだけでプロの情報起業家が持っている頭脳が手に入る。インターネットで月収100万円を達成するための知識を全て公開!

 

Present2:テンプレート付き!初心者でもプロの文章が書けるようになる情報発信の極意とは!?

 

Present3:【悪用厳禁!】学生だった僕がたった3ヶ月で月収52万8250円を稼ぐために学んだ文章術

 

期間限定Present:”ド”が付くほどパソコン素人がたったの14日で100記事書いた方法

 

 

 

 

上記のプレゼントに加えて、 僕のメール講座では、

 

 

僕がたった90日で52万8250円を稼ぐことができた理由。

●多くの情報発信者がひた隠す、幾多のネットビジネスの真実の暴露。

●脱サラ or 学生で起業するために必要なネットビジネスの思考のすべて。

今すぐ就職以外で稼ぎがないと、この先生き残れない理由。

●会社や国に依存せず、自分の力だけで稼いでいく起業家マインド。

パソコン1台で起業しようとする挑戦者の多くが失敗する原因。

 

 

・・・などなど。

 

 

超有料級のノウハウや思考を全て無料で僕のメール講座にて公開していきます。

 

 

時には、ブログでは書けないような、過激な内容はすべて無料メール講座で暴露するのでw

 

 

また、上記のプレゼントは、人数限定で配布させていただきますので、規定の人数に達し次第、突然配布を終了します。

 

 

なので、プレゼントを受け取ることができる今、メール講座に登録をしてプレゼントを受け取ってください。

 

 

 

※プレゼントの配布が終了した場合、お金を頂いても譲ることはできません。

 

 

下記にメール講座登録フォームがありますので、

 

 

1、お名前(苗字のみ、ニックネーム可)

2、メールアドレス

 

 

を入力後、「情報起業メール講座に無料で参加する」ボタンをクリックしてください。

 

 

折り返し、プレゼント付きのメールを送信します。

 

※万が一、5分経っても返信がこない場合は、迷惑メールを確認してください。

 

 

それでも、メールが来ていなければ、メールアドレスが間違っている可能性がありますので、再度、入力をして登録し直してください。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください